CaSE by K's ~Blog~
取り合えず作ってみました。
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀イラストが描けないので~
2008/01/05 00:08 [Sat]
category:チトセ&まりな
 描ける環境が無いのでつい小説もどきを書いてしまいます^^;;;;;;;
今回も@ゲームズの草花木果さんに初詣編を書いて貰おうと思い考えたネタです♪
ある意味僕らしい話になっていますがね。

「う~ん。一眠りするか。」
 年越し、新年の初日の出も上がって暫くたった時間。大成は伸びをして瞼をとじ、指で軽くこすりベットに向かおうとしたその時ドタドタ屋根裏部屋へ駆けてくる音が聞こえる。
「ふぅ~っ」と溜め息をつき布団を亀の様に被りつく。
「「『お兄ぃちゃん♪』『お兄ぃ♪』あけおめ~?」」
 二人が同時に声を上げ入ってくる。
「もぅ、お兄ぃちゃん、まだ寝てるぅ!!」
 チトセが呆れた口調で毒づいている。今寝る所だよ。瞼をきつく閉じ相手しない様にする。
が、まりなの力任せで布団を剥いでくる。
「ほらぁ、バカ兄ぃ!!新年早々寝坊助じゃダメだよ!!」
「で、どうかなぁ~♪この着物似合うかなぁ?」
 チトセがくるっとターンをして見せる。後ろでまりなは照れてソッポを見てる。
「べ、別にお兄ぃに見せに来た訳じゃないわよ!!ちーちゃんが是非って言うから来ただけなんだからね!!」
 相変わらずである。もう少し素直なら可愛気もあるのだが…。
「今回イラスト無いから分からない。」
「にゃあぁ!?イラストって意味分からない??」
 俺の気のない返事にチトセは真面目に答える。
「新年は着物姿ではなく巫女さんが見たいんだよ!!」
「あうぅ、ごめんなさい。」
 俺はヲタク心の叫びを代弁して言うとチトセはしょんぼりする。
「まりなもどうせならチトセの巫女さんの方が良いよな♪」
「えぇっ!?急にこっちにふるの?」
 ふられて困っているまりなは、しょんぼりしているチトセを見て少し考える。
「そ、そうね。去年は可愛かったものね。」
「だろ!!俺もチトセの可愛い巫女さん姿を見た方が良い年迎えれそうになるからな~」
 まりなのフォローに俺が後押しをする。
「ホント?」
 少し照れつつも十八番の上目使いで聞いてくる。
「まりなもそう思うよ♪ちーちゃんの巫女さん可愛いもん♪まりなには無理っぽいもん。」
「そんな事ないよ~♪ねぇ、お兄ぃちゃんもそう思うよね?」
「そいつはどうかな?」
「何だとバカ兄ぃ!!」
 照れてるチトセに対して、まりなは苦笑しつつも怒っているふりをする。
「で、去年はお兄ぃちゃん良い年だったの?」
「最悪だった!!」
「にゃあぁ!!」
「バカ兄ぃ!!」
 即答で答える俺に対し、驚くチトセ、本気で怒っているまりな。頼むから寝かせてくれ。
「処でお兄ぃ♪オ・ト・シ・ダ・マ?」
「お年玉~♪」
 二人揃って両手を出してくる。やはりそう来たか。
「机の上に置いているだろう。やるから俺は今から寝る。」
 昨晩から用意しておいたお年玉袋を指差し、まりなから布団を奪い頭から被る。
「さっすがぁ、お兄ぃ用意周到だね~♪然も分厚いねぇ?」
「ホント♪流石でいとれーだー(?)」意味不明
 二人は同時に取って開封する。
「掃除します券30枚綴り?」
「こっちは肩叩かせ件30枚だよ!!」
 床に袋毎叩きつけるまりなに驚くチトセ。早速チトセの掃除件を使わせようか。
「お、つっこみが関西風になってきたなぁ♪」
「お兄ぃ!!」
 顔を真っ赤にして怒るまりな。
「折角苦労して作ったんだぞ!!お陰でさっきまでかかっていたんだからな!!」
 無駄に凝ったせいか時間かかりまくりだったりする。
「いるかぁ!!こんなもの!!」
「その中にお年玉も入っているんだぞ!!」
「ホントだ入ってる。」
 さっきまでの流れについて来れていないチトセがやっと喋る。まりなは急いでお年玉袋を拾い上げる。
「ありがとぉ~♪お兄ぃちゃん?」
「あ、ありがとう。お兄ぃ♪」
 嬉しそうな顔が見れたから良しとして、俺はもう一度布団を被る。
「じゃ、俺は寝るからな。券作りで徹夜だったからな!!」
「バカな事やってるからよ!!」
「ダメだよ!!お兄ぃちゃん!!この後は初詣だよ!!」
 訳分からない罵声を受けつつ勝手に今後の予定を入れられる。頼むから寝かせてくれ。
そうこうしているとまた階段を駆けてくる音がする。
「あけおめことよろ~♪お年玉貰いに来たよ~ん♪」
 やっぱりもっかだった。と言うか日本語が乱れていくなぁ。
「いや、もっか良い歳だろう。お年玉貰う年でもなかろう!!然も今日はヘソ出しルックじゃないんだなぁ!?」
「ヘソ出し関係ないじゃん!!駆け出し小説化は大変なのよ!!だからはい♪」
 何がだからか分からないが両手を出している。俺は溜息をつき袋を取り出す。
「おぉ~♪本当にくれるとは良い子だね~♪」
 と袋から出てきたのは『お菓子作ってあげる券50枚綴り』
「って、何でやねん!!」
 袋を俺の顔面に叩きつけるもっか。
「これが本場の関西の突っ込みだ!!まりな!!」
「おぉ~」
「『おぉ~』じゃない!!」
 顔面に袋の後をつけた俺に感心するまりな。チトセは袋を拾ってもっかに渡す。
「中にお年玉入ってるよ♪ボク達入ってたもん?」
「本当に!?」
 もっかは怪訝に手をかざし袋は逆さにして振るとちゃりんと音とともに手に転がる。
「これは?」
「プチコだ!!(自信満々)」
「使えるかぁ!!」
 顔面にコインを投げつける。
「関西の突っ込みはきついな!!」
「おぉ~」
「『おぉ~』じゃない!!」
 顔面にコインをつけた俺に感心するまりな。チトセは俺の顔面からコインを外す。
で結局お年玉を取られた。
「で、この後はどうする?初詣?それとも初詣?」
 お年玉を貰ったもっかはホクホク顔で聞いてくる。
「「初詣♪」」
「と言うか選択肢1つしか無いじゃん!!」
 反論するの俺一人だった。チトセ一人だったら丸めこめるのだが三人揃えば何とやらである。
俺は諦めの溜息をつき覚悟をした。
「その代り、屋台は一人300円までだからな!!バナナも含まれるので気をつける様に!!」
「えぇ~!!それじゃあ、1つ位しか無理じゃん!!」
 ブーブー言う、チトセとまりな。たかる気満々かよ。
「大成君はケチだね~。そんなのだからモテないんだよ!!」
「だったらお年玉返せ」
「いやん♪大成君のイ・ケ・ズ?」
 訳分からない媚びをするもっかが更に言う。
「じゃあ、ここはお年玉貰ったもっか姉様が奢っちゃおう♪」
「ホント!?」
 目を輝かせているチトセ。俺とまりなはもっかに眼で合図を送ったのだが…
「にゅふふん♪任せなさい♪好きなだけ食べても良いよ~ん?」
「ありがと~♪もっかお姉ぇちゃん?」
 そう言って玄関に駆けつけるチトセを見送り、俺とまりなはもっかの肩を叩きつつ「ご愁傷様」と声をハモらせて外に向かった。


この後どうなるかは@ゲームズにて公開されるでしょう♪
個人的に楽しみです。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
@ゲームズにて~
2008/01/01 03:55 [Tue]
category:チトセ&まりな
 以前『皆集萌え』で描いていた『チトセ&まりな』の第二部を不定期連載を始めました♪
と言っても出張先の東京からなのでイラスト描ける環境では無い為SSもどきばかりですが^^;;;;;
その@ゲームズでお世話になっている『草花木果』さんが昨年SS書いて下さりました(>w<)嬉しさの余り許可を得てSSをこちらにも掲載したいと思います♪因みに木果さんのSSの前の話は僕が書きました(その後のネタを書いて下さり感謝感激ですよ)

元町駅行きの切符を券売機で二枚買って、
慌てて電車に乗り込んだチトセと大成。
車内は案外空いてるので席に座ってほっと一息つく。
ルミナリエも今年で12年目になるから、
そろそろ見に来る客も減ったんだろうと、
大成は一人で勝手に納得していたが、
そんな考えは元町駅に着いた瞬間吹っ飛んだ。
「お兄ぃちゃんこれ見て!」
チトセは駅で無料配布されている、
ルミナリエのパンフレットを取って来て、
大成に手渡してきたので二つ折りを開いてみる。
「なんだよこれは!真っ直ぐ行けば10分で着くのに、
どうしてこんなに遠回りせにゃならんのだ…」
午後5時半だと言うのに辺りはもう暗くなってきている。
道路は柵で閉鎖され警備員が来場者を誘導していた。
文句を言っても仕方ないので列に並び人の流れに沿って進んで行く。
途中「待ち時間60分」と書かれた看板を持って、
道端に立っているルミナリエのスタッフを見かけた。
「こんなことなら出口から入れば良かった…」
「ダメだよ!せっかく来たんだから光のアーチはくぐらないと…。
もっかお姉ぇちゃんもそうしたほうがいいって言ってたもん」
折り返し地点に来たとき建物と建物の隙間から、
遠くのほうにちらっと光の柱が見えた。
「あっ、お兄ぃちゃん見てみて!キレイ~」
「あれっぽっちじゃ綺麗なのかどうかもわからん…」
近くを歩いていた家族連れの子供がぐずって、
親の腕を引っ張り抱っこをせがんでいる。
それを見ていたチトセがなぜか大成の腕にギュッと絡み付いてきた。
「どうした?チトセ。急に抱きついたりして」
「ううん。ちょっと寒くなってきたなって思っただけ…」
寄り添って歩く姿は周りからは恋人に見えたかもしれない。
午後6時過ぎついに光のアーチの入口が見えてきた。
チトセの瞳は電飾を反射させてキラキラ輝いている。
周りの客が一斉に携帯を高く掲げパシャパシャと写真を撮り始めた。
「あ~、しまった!デジカメ持ってくんの忘れた…」
光のアーチをくぐり抜けるときも何が面白いのか、
チトセはキョロキョロ顔を動かして眼を輝かせていた。
アーチを抜けると寺院のような形をした電飾が現れる。
ここがルミナリエの最終地点のようだった。
出口付近には屋台がずらりと並んでいる。
近くに100円募金を呼びかけるスタッフがいた。
ルミナリエは警備の大変さと資金不足で開催が危ぶまれている。
「お兄ぃちゃん、募金していこうよ!」
「うへぇ~、めんどくさいなぁ」
「もっかお姉ぇちゃんも募金したって言ってたよ!」
「ハイハイ、わかりましたよっと」
嫌々ながらも100円玉を募金箱に投入。
これで少しは来年の運営資金の足しになるだろう。
あれだけすごいもの見せてもらったんだから、
100円くらい安いもんだよなと大成は思っていた。
「ねぇねぇ、お兄ぃちゃん。あれ食べたいよ~」
チトセが指差しているのはチョコタワーの屋台だった。
塔のような形をしたオブジェからは、
絶え間なくチョコの滝が流れ落ちている。
たぶん中でチョコが循環しているのだろう。
竹串にバナナやイチゴやキウイなどのフルーツが刺してあり、
それをチョコの噴水に浸して食べるようだ。
大成はしぶしぶポケットから財布を取り出すと、
チトセにチョコフォンデュをご馳走してやった。
しかし両サイドを屋台に挟まれた道を、
チトセと並んで一緒に歩くのは非常に危険だった。
チトセが次から次にあれ食べたいこれ食べたいと言い出すのだ。
大成の懐がどんどん寂しくなっていくので、
「もう駄目だ!今日は金を使い過ぎた…」
とチトセを怒鳴りつけて会場をあとにしたのだった。


まったりほのぼの系のラブラブっぷりは僕には書けませんのでかなり新鮮でしたよ❤
大成は皆集萌えで言うお兄ちゃんです♪名付け親も木果さんです。
これからも@ゲームズで不定期ですが書いていくと思いますのでよろしくお願いします♪


あけましておめでとうございます~
2008/01/01 03:46 [Tue]
category:日常
更新が多々遅れ気味ですが何はともあれあけましておめでとうございます♪
本来なら本日付で東京を離れて神戸に戻るはずが長野へ3日間応援と言う話が出ていたのですが本社が全然手配していなかったので切符が手に入らず31日に新幹線の自由席(150%強)でも行かないとダメとか言い出したので「オフ会出れないのなら(会社)辞めます」と言ったら係長が「俺が社用車で行く」と言ってくれましたが、その分東京滞在期間延長になりましたがその正式な辞令が今だ聞いていません…帰っても良いのでしょうかね?

まぁ、さておき昨年12月31日に『皆集萌え』のオフ会に初参加しました♪
初参加と言う事で気張って色紙を描こうと思ったのですが13連勤の後、打ち上げ、急な仕事(31日は休みだったのですが)で2枚しか描けませんでした…。然も鉛筆描き(携帯水彩顔料買ったのにね)
それで参加者は

●漢鍋掴み部長
●下僕扱いするお姉様アンコさん
●ココン(巨乳スキー)お嬢さん
●ツンデレオヤジ9:幼女1のT×2さん
●仮面被っていた菜沙さん
●ポニーテール竜羅さん

 と僕の7名でした♪
オフ会の内容は他の方が書いて下さるので今回は割愛します(今日も仕事なんでそろそろ寝ないと)然し罰ゲームで色紙描かされていたせいで全然食べれなかったので帰る頃にグーグー言い出したので帰宅後同居人との最後の打ち上げ(同居人は今日京都に帰宅3日に大阪勤務)にピザを頼む事になりましたが、殆どが休んでました。東京って遅くまでやらないんですね^^;;;;;;
今日から新たな新店へ~
2007/12/21 02:37 [Fri]
category:日常
と言う事で秋葉原店は昨日までだったのですが、正直二度と相手したくないお客陣でしたね…。パソコンを舐めているとしか思えない人達が多すぎるよ。まぁ、一辺痛い目にあって下さいって感じでしたね(あっても懲りていない人もいましたがね)
さて置き、明日(今日)から年度末迄次の新店亀戸店なんですが場所が商店街の中らしいです。今日の打ち合わせは寮内でやったので現地は当日まで分からない状態。
仕事の内容も神戸と同じ仕組みのはずだから勘を取り戻すのに時間かかりそうです^^;;;;
然し風邪が治ったと思ったら「年明け3ヶ日は飯田店(長野県)で応援」と言う辞令が・・・・・。
ちくしょう!!先月調子に乗りすぎて売り上げ上げすぎた(号泣)聞いた瞬間風邪悪化しそうになりました(マジで)
アキバ勤務中~
2007/12/18 13:02 [Tue]
category:日常
はっきり言ってダメダメですよ(TMT)
PCは売れていますが設定販売員がPC(プリンターや周辺機器)の販売させられる店って初めてですよ・・・昨日なんて自分の所の接客ではなくMac3台、プリンター1台、無線ルーター1台にインクカートリッジ3個売りましたよ・・・。殆どが最終的に自分の所のセールをしようとしたら最後に「これ以上後幾ら下がるの?」って値引き交渉。サポート入れねぇ!!
結局昨日は自分のセールスしていないしねぇ(PCフロアー長なんて、テンパってサポートの僕らに接客させる上にPDA貸そうかと言い出すし)
で、今日は二人とも奥に引っ込んで、相手がお昼に行っているのでブログ書いています(爆)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。